園長挨拶

園長 桜井 聖志

思いやりある子に育ってほしい

大切な乳幼児期「三つ子の魂百まで」

生まれてから小学校入学までの6年間を乳幼児期といって、この時に人間として必要なことの基礎が、ほとんど準備されるといわれています。

先人も「三つ子の魂百まで」といって、幼児期を大切にしてきました。学習や運動も大切ですが、特に心の成長が必要不可欠だと考えます。

幼稚園では色々な行事を通し、子どもが自分でやりたいと思う心(自立心)や自分でやれた喜び(達成感)を育てていきます。

そして、園児達が自己肯定感あふれる子に育ってくれる事を望みます。また、沢山のお友達と触れ合い、人間関係を構築する中で、思いやりのある子に育ってほしいと思います。

"自分さえ良ければいい"という風潮が広まりつつある世の中、相手の立場になって物事を考えられる人こそ、これからの社会に必要とされるのではないでしょうか。